spacer

ドッグフードでワンちゃんが元気になりました!

毎日食べる犬の食事、いわゆるドッグフードを変更して無添加のものやオーガニック系にしたら毛のツヤもよくなり、かなり元気ワンコになりました。

ドッグフードの知識

5月 9th, 2014 by admin

人間にとっては、食物繊維や、ビタミン、ミネラルなどの栄養分を効率良く摂取できる食べ物として、健康に良いとされている野菜ですが、犬にとっては必要ありません。

もちろん、食べさせてはいけないということではありませんが、犬は本来肉食の動物ですので、野菜を食べる必要がないんです。

むしろ、生野菜を与えると、消化不良の原因にもなりますし、絶対に食べさせてはいけない野菜もあります。
有名なのが、玉ねぎ、ネギ、ニンニクなどです。
犬がこれらを食べてしまった場合、中毒症状が出ることがあるので、要注意なんです。

穀物にも同様のことが言えます。
人間は穀物を主食としていますが、犬は穀物を上手く消化、吸収することができません。
栄養になるどころが、胃腸の働きを弱めてしまいます。

だから、総合的に栄養が摂取できるドッグフードをおすすめしたいのです。
犬に必要な栄養分がバランス良く配合されていますし、中毒や消化不良を起こすような成分は一切入っていません。

正しい認識を持たずに、体に負担のかかる食べ物を与えるようでは、飼い主失格です。
愛情のこもった手づくりごはんを食べさせてあげるのも良いですが、ワンちゃんの負担にならないようなものを食べさせてあげましょうね。

でも、不安だという方は、信頼できるドッグフードを食べさせてあげるべきでしょう。
成分表示をきちんと見れば、ほとんどのドッグフードには、タンパク質、脂質、灰分、粗繊維、水分の割合が表示されています。

とは言え、素人が見ても、ハッキリとした基準で判断するのは難しいかもしれませんね。
ですが、例えば、幼犬、成犬用、老犬用など、大まかな表示を目安に選べば、詳しくない方でも、上手に選ぶことができると思います。

まずは、犬の体に負担がかかる成分を配合していないかを確認して、成長段階に応じたごはんを選んであげることで、ワンちゃんの健康を維持してあげることができますよ。

Comments are closed.

ドッグフードでワンちゃんが元気になりました! is proudly powered by WordPress. SimpleBeaty theme by Gargron